hailab のすべての投稿

国際会議iHAIでの発表

札幌で開かれたヒューマンエージェントインタラクションに関する国際会議で、大澤助教、金井研究協力者の関係する研究が発表されました。

・口頭発表
1. Ishii, K., Taniguchi, Y., Osawa, H., Nakdai, K., and Imai, M. Merging Viewpoints of User and Avatar in Automatic Control of Avatar-Mediated Communication. The 1st International Conference on Human-Agent Interaction, (2013), I–2–3.
2. Kanai, Y., Mahisorn, W., Osawa, H., and Imai, M. Colony agent : Tactile feedback device that evokes a unified feeling with the agent. The 1st International Conference on Human-Agent Interaction, (2013), I–2–4.
3. Osawa, H. and Imai, M. Enhancing Empathy toward an Agent by Immersive Learning. The 1st International Conference on Human-Agent Interaction, (2013), III–2–2.
4. Osumi, T., Osawa, H., and Imai, M. Proposal for an agent model which has imagined human Socion theory. The 1st International Conference on Human-Agent Interaction, (2013), III–3–4.

・ポスター発表
1. Osawa, H. Agentphobia and Emotional Labor : How Human-Agent Interaction Contributes to the Preservation of our Humanity. The 1st International Conference on Human-Agent Interaction, (2013), II–p1.

論文内容は9/7以降にサイトで公開される予定です(http://hai-conference.net/ihai2013/)

ihai2013

人工知能学会2013全国大会発表

人工知能学会全国大会において、助教の大澤君と研究協力者の金井君、Wongphati君、今井准教授(慶大)の研究が発表されました。
発表内容は下記のとおりです。

06月04日(Tue) 16:20〜18:00 M会場(-商工会議所9F 99号室)
題目 1M4-OS-18b-5 ソシオンモデルを用いたHuman-Agent Interactionのシミュレーションの検討
著者 今井 倫太 大隅 俊宏 大澤 博隆 村川 賀彦

06月04日(Tue) 16:20〜18:00 M会場(-商工会議所9F 99号室)
題目 1M4-OS-18b-4 Blended Realityにより遠隔コミュニケーションを支援するアバターの設計
著者 金井 祐輔 大澤 博隆 今井 倫太

06月06日(Thu) 09:40〜10:50 J会場(-市民プラザ2F ギャラリーB)
題目 3J1-OS-20a-2 分離した身体を持つロボットによるインタラクション戦略の生成
著者 大澤 博隆 Wongphati Mahisorn 今井 倫太

06月07日(Fri) 09:00〜11:00 H会場(-市民プラザ3F AVスタジオ)
題目 4H1-3 交代取引ゲームにおける他者識別規則の進化
著者 大澤 博隆 今井 倫太

会場の様子
会場の様子
懇親会
懇親会

ヒューマンエージェントインタラクションに関する人工知能学会誌の特集記事

当研究室助教の大澤君が特集したヒューマンエージェントインタラクションに関する特集記事が、人工知能学会誌特集『エージェント』の特集記事として掲載されました。

大澤博隆, ヒューマンエージェントインタラクションの研究動向, 人工知能学会誌, vol. 28, no. 3, pp. 405–411, 2013.

本学会誌には、大澤君が編集を共同で担当した『シンギュラリティ』に関する記事も掲載されています。