カテゴリー別アーカイブ: Publication

2017年度人工知能学会全国大会(5/23-5/26)

5月23日から26日、名古屋で開催された人工知能学会第31回全国大会に、HAI研究室から、M2の後藤さん、M1の汪さん、米津さん、佐藤さんが出席し発表しました。また、M2の豊野さんに代わって大澤先生が発表をしました。

発表のタイトルは次のとおり

  1. 後藤豪臣・汪博豪・大澤「視線によるコミュニケーションを支援するウェアラブルデバイスの開発と評価」
  2. 米津壮二・大澤「テレプレゼンスロボットにおける同調動作の効果」
  3. 佐藤拓也・大澤「児童がデザインする図書館紹介ロボットにおけるフィードバック手法の開発」
  4. 豊野拓也・大澤「人狼ゲームを演じるロボットエージェントシステムの作成」

博士前期課程1年の栢野航氏と大澤博隆助教が、国際会議HAI2015においてBest Paper Awardを受賞

2015年10月23日、HAI研究室知能機能システム専攻博士前期 課程1年の栢野航氏と大澤博隆助教が、ヒューマンエージェントインタラクションに関する国際会議HAI2015においてBest Paper Awardを受賞しました。本研究は株式会社京セラドキュメントソリューションズとの共同研究であり、この賞は、HAI2015の発表論文の中から最も優秀な講演に対して贈賞されたものです(次年度HAI2016はシンガポールで10月に開催されます)

発表論文:
Hirotaka Osawa, Wataru Kayano, Tomohiro Miura, and Wataru Endo. 2015. Transitional Explainer: Instruct Functions in the Real World and Onscreen in Multi-Function Printer. International Conference on Human-Agent Interaction (HAI 2015), pp. 11–18, 2015.

award_hai2015