ヒューマンエージェントインタラクションに関する人工知能学会誌の特集記事

当研究室助教の大澤君が特集したヒューマンエージェントインタラクションに関する特集記事が、人工知能学会誌特集『エージェント』の特集記事として掲載されました。

大澤博隆, ヒューマンエージェントインタラクションの研究動向, 人工知能学会誌, vol. 28, no. 3, pp. 405–411, 2013.

本学会誌には、大澤君が編集を共同で担当した『シンギュラリティ』に関する記事も掲載されています。

国際会議CHI2013での発表

国際会議CHI2013にて、助教の大澤君、研究協力者の尾形君(慶大)の研究が発表されました。

Hirotaka Osawa, Michita Imai, Morphing Agency: Deconstruction of an Agent with Transformative Agential Triggers, Annual conference on Human Factors in Computing Systems (CHI), pp. 2237–2246, 2013.

Masa Ogata, Yuta Sugiura, Hirotaka Osawa, Michita Imai, FlashTouch : Data Communication through Touchscreens, Annual conference on Human Factors in Computing Systems (CHI), pp. 2321–2324, 2013.

Using Agency in Engineering Field