研究紹介

ヒューマンエージェントインタラクション研究室では、ユーザから「社会的存在」として認識される「エージェント」を用いたインタフェースについて研究しています。

HAI研のおおまかな活動方針は、以下の2つになります。

  • 「人らしさ」の可能性を調べる
  • 「人らしさ」を人工物に応用する

以上の方針に基づき、HAI研では複数の研究プロジェクトに分かれて活動を行っています

  • エージェントを感じさせる要素

擬人化デバイス、擬人化ロボット、没入型発見法による新規エージェント、チューリングテスト

allparts_conflict-20121027-142005 kanai Interactionfig2


 

  • エージェントを自律させる要素

人工生命、信頼の創発、社会脳仮説

fig2fig_mutationmaps2

  • エージェントと人間とのコミュニケーション

コミュニケーションゲーム(人狼知能プロジェクト

graph1

 

Using Agency in Engineering Field